「ほっ」と。キャンペーン
ブログトップ
「フィリップ、きみを愛してる!」を観ましたよ
a0012356_139352.jpg
「フィリップ、きみを愛してる!」を観ましたよ。

ジム・キャリーが実在する天才詐欺師の半生をお馴染みのテンションで演じるわけですが、脚本構成がしっかりしてるのでいつもの行き当たりばったりぶり、出たとこ勝負っぷりがどこか生き急いでるように見えて思いのほかグッとくる。

主人公はゲイで、刑務所で出会ったユアン・マクレガーと恋におち、彼に会うために脱獄を繰り返しては、嘘をつきまくって理想の生活を築いていく。

時には命さえ顧みないそれらの行動が「他人を思って」の事なのか、「自分の欲望のため」なのかが描かれていて主人公たちを苦悩させる。そのあたりはジム・キャリーのくせに普遍的なテーマだなあと思いました。

実生活では恋人と別れたばかりらしいけど、がんばれぼくらのジム・キャリー!
[PR]
by erenoa70 | 2010-04-09 15:23 | Movie