ブログトップ
「パリより愛をこめて」を観ましたよ
a0012356_1543998.jpg
新宿ピカデリーで「パリより愛をこめて」を観ましたよ。

こじんまりとしながらも楽しませてくれた 「96時間」のピエール・モラレが再びそれなりに楽しませてくれるアクション映画。タイトルから「007 ロシアより愛を込めて」を模しているように(原題も「From Paris with Love」)、スパイ映画へのオマージュが詰め込まれたウィルメイドな逸品・・・

だけに終わらず、ハリウッドのバディ・ムービーやバカアクション大作までバンバン詰め込むサービスっぷり。それらが1時間35分という上映時間でまとめられてるんだからなんてお手頃なんでしょうか。

主演はジョナサン・リース・マイヤーズと、自らのアイデアでつるっ禿になったというジョン・トラヴォルタ。トラヴォルタの嘘みたいなマッチョぶりもかなり楽しいけど、「ベルベット・ゴールドマイン」で見かけてからというもの全くパッとしなかったジョナサン・リース・マイヤーズが、その線の細さから滲み出る心細さそのままに新米スパイを演じていてなかなか良かった。

あとラストカットのカメラワークでニヤリとしてしまったら、間違いなくこういう映画の観すぎだと思います。
[PR]
by erenoa70 | 2010-05-21 02:22 | Movie