「ほっ」と。キャンペーン
ブログトップ
「超強台風」と「TSUNAMI -ツナミ-」を観ましたよ
a0012356_4182419.jpg
新宿ミラノで「超強台風」と「TSUNAMI -ツナミ-」を立て続けに観ましたよ。

アジア産のディザスター映画が同時に、しかも同じ建物で公開されるという、もう後にも先にも無いんじゃないかというこの天変地異を逃すわけにはいきません。

「超強台風」は中国で初めて製作されたというディザスター映画。巨大台風の脅威から市民を救う市長さんの奮闘ぶりが物語のメインだったり、オリジナルな編集センスやCGに頼らないミニチュア特撮など新鮮な見所がいっぱいですごく楽しい!

全体的にどこか牧歌的なムードが漂うものの、台風で押し流された船が街をバリバリと突っ走って避難所の壁をブチ破り、さらにその穴からサメが飛び出てくるというシーンにはさすがにテンション上がりました。

災害にも負けない中国政府と人民たち!という主張は時期的にちょっぴり複雑な気もするけど、とにかくこのパワフルさとオリジナリティは買った!

a0012356_4183352.jpg
一方、韓国の「TSUNAMI -ツナミ-」はハリウッド製のディザスター映画を踏襲した作りになっていて安心して楽しめる仕上がり。

前半から中盤にかけて色んな登場人物を紹介する少しかったるい流れも「この人たちが津波にやられるんだな」と思えばガマン出来る。事実、この溜めが効いてるので津波が襲ってきてからは人がゴミのように死んでいくよ!

人がバンバン死んでいく災害の描写もアイデアに富んでいるし、大好きな"逃げ惑う群衆の中で転んで踏みつけにされる名も無き人"も出てきたので大満足!

どちらもディザスター映画のフォーマットを通して、それぞれのお国柄が見え隠れするのが面白かった。これからも世界各国のディザスター映画を観ていきたいと思います。地球が粉々になるまでな!
[PR]
by erenoa70 | 2010-09-29 13:50 | Movie