ブログトップ
「マチェーテ」を観ましたよ
a0012356_133976.jpg
新宿バルト9で「マチェーテ」を観ましたよ。

ダニー・トレホさん主演!切株!バイクにガトリングガン!敵はセガールでリンジー・ローハンが糞ビッチ!など大好物ばっかりが揃った映画なんだけど、なぜかイマイチ乗れなかったから自分でも不思議!

もともと日本向けの宣伝がいわゆる「おバカ映画」的な扱いをされていて何だか面白くなかったわけですが、本編でもそうした「温いバカ」を意図的に押し出してる部分が見受けられたからそれも納得。

たとえばトレホさんがラテン系の美女たちにモテまくる、という構図がどうも彼を冷やかしてるように思える。そりゃどう考えてもモテるわけがないんだけど、そこを「この色男!ヒューヒューだよ!」とかギャグにしてないで、真顔で女をモノにしていくという描写こそが映画のファンタジーを成り立たせるのではないかと思う。

そもそもがニセ予告編の長編化という"企画もの"だし、こういう軽いノリがダメとは言わないけど、切株描写にしてもCGを乱用しすぎだし(J・アルバの○○○シーンもCGらしい!)、その辺のバランス感覚や予算の使い方がどうも金持ちの道楽に思えて気に食わねえ。

そういえば「グラインドハウス」の時にR・ロドリゲスはあまりB級〜Z級映画に詳しくなくて、タランティーノからレクチャーを受けながら製作したというエピソードを思い出しました。実はそんなにこの方面に興味はなくて、もっと「スパイキッズ」とかがやりたいんだろうなあ。
[PR]
by erenoa70 | 2010-11-13 14:33 | Movie