ブログトップ
スーパー仁くん
a0012356_614694.jpg「私、小耳に挟んだのですが、アーミテージ国務副長官は150キロのベンチプレスを何回も上げるそうですよ」

とは草野仁が昨年、イラクとアメリカの間に緊張が走った際に発言した視聴者に全く必要の無い情報であるが、彼が自らの肉体を鍛える事に熱心で、米のプロレスWWEの大ファンである事はご存知の方も多いだろう。

加えて競走馬の馬主でもあり、その朗らかな印象とは違う別の顔にも注視しておいた方がいいな、とかねてから思っていたのだが、先日深夜に放送された麻雀番組に出演していて麻雀もかなりの腕前だという事が発覚。惜しくも清水アキラに破れて準優勝が確定した際、司会者に「惜しかったですね!」と声をかけられるも「あんな捨て方してたら、まだまだです!」と厳しく語ったその顔は勝負師のそれであった。

草野仁、六十歳。いろんな意味で”THE・ワイド”な男である。
[PR]
by erenoa70 | 2004-10-18 10:13 | Stupid