ブログトップ
「イップ・マン 序章」 を観ましたよ
a0012356_22392258.jpg
新宿武蔵野館で「イップ・マン 序章」 を観ましたよ。

冒頭からイップ・マンの達人ぶりを見せつけられ、町の人々に慕われるヒーローっぷりを堪能し、圧倒的な強さで憎き敵をブッ飛ばす!というこれ以上ないカタルシスに満ちててもうカンフー最強!

とデカい声で言いたいところなのだが、その憎き敵というのが日中戦争時の日本軍なのだから賞賛の声も思わず小声になってしまう。

カンフー映画、娯楽映画としてはあまりに正しい勧善懲悪でこうも複雑な気持ちになるとは。「ドラゴン 怒りの鉄拳」も敵は日本人だけど、あちらは自分がリアルタイムで映画を共有してないのと、描かれるのがデフォルメされた日本人像だったからその辺はフワフワしてる。

ところが今回は空手の達人である日本人将校を池内博之がなかなかの熱演で演じてるし(イップ・マンと戦ったのは親戚に自慢していいレベル)、またその部下がとにかく卑怯で憎たらしく描かれているからまた複雑。イップ・マンの怒りが彼ら個人ではなく日本全体に向けられているのもファンとしてはリアクションに困ってしまう。

とまあ色々あるけど、そうした清濁合わせ飲んでみてもスゲー面白い映画だと思います。トータルで続編の「イップ・マン 葉門」より好きかも。時おり出てくるほのぼのしたギャグや、キラーモード全開のイップ・マンも見物!
[PR]
by erenoa70 | 2011-02-25 23:56 | Movie