ブログトップ
ぶじ
a0012356_862095.jpg地震があった時、お昼寝をしていて全く気づかなかったのはこの俺です。

昨夜から教育TVは地震の安否情報を流し続けている。不謹慎だとは思うがそれが珍しかったのでビデオでずっと録画していた。時折アナウンサーが「○○さんから△△さんへ、連絡下さい」と呼びかけるが大半はその文字情報だけである。

連絡下さい、たってTV見れない人も多いんじゃねえの、とか思いつつもそこに並ぶミニマルな「連絡下さい」という芸の無い短い文字からは被災地に住む家族や知人の無事を祈る気持ちが伝わってくるので録画が終わってもTVを付けっぱなしにしている。こんな放送は滅多に無い。

滅多に無いという事はつまり非日常だという事で、これは普通に生活して横目で何人死亡、というような数字を得るよりも自分の興味の範疇としてこの事を捉える事が出来る。災害は不公平で非日常だ。ならばどんだけ効果があるか分からないようなメディアのやり口も、呑気に昼寝なんぞカマしてた自分も、非日常の自覚と姿勢をもって臨むしか無い。

明け方に「ぶじ」と二文字だけ書かれたものがあって少しグッときた。
[PR]
by erenoa70 | 2004-10-24 08:56 | News