ブログトップ
「MAD探偵 7人の容疑者」を観ましたよ
a0012356_516144.jpg
K's cinemaで「MAD探偵 7人の容疑者」を観ましたよ。

日本ではTIFF以来、三年以上も寝かされてようやく劇場公開されたジョニー・トー&ワイ・カーウァイ監督の一風変わったサスペンス。

吊るされた豚の死体をナイフでグサグサ刺し続けるラウ・チンワンをして仲間が「警部はいま捜査中だ!」というオープニングからもうおかしな映画である事が分かるわけですが、三年ぶりに観てもやっぱりおかしくて抜群に面白かった。

あれからさらにジョニー・トー作品を観ていることもあり、役者の使い方の上手さに改めて関心する。特に未公開の大傑作「スリ」にも出てるケリー・リンが凄くいい。本作ではラウ・チンワンの奥さん役だけど二人が絡むシーンの儚さと言ったらない。わけの分からない話のくせにベタなメロドラマを滑り込ませてくるのは香港映画の常套手段ですが今回もそれがハマってる。ついでにラム・シューは相変わらずたくさん食べる役でやっぱカワイイ。

主人公の”人の内面が見える”という特殊な能力をイメージに頼らずにダイレクトな映画技法だけでやってのけてるのがとにかく痛快で、同時に物語の細かい辻褄合わせをする暇を与えない強引さも併せ持っているのが素晴らしい。

あとK's cinemaでの上映は音がデカくて迫力あるのでオススメです。あまりにデカい音で何カ所か身体がビクッとなったのは内緒だ!
[PR]
by erenoa70 | 2011-02-27 05:32 | Movie