「ほっ」と。キャンペーン
ブログトップ
「トゥルー・グリット」を観ましたよ
a0012356_13213010.jpg
新宿武蔵野館で「トゥルー・グリット」を観ましたよ。

コーエン兄弟がジョン・ウェインの西部劇「勇気ある追跡」をリメイク。父親を殺された少女が飲んだくれの保安官を雇って復讐の旅に出るというお話。

ジェフ・ブリッジス演じる保安官と少女の関係性が疑似家族のように見えるのは当然として、少女が子供で弱々しい存在というだけでなく、頭の切れるタフな女の一面も持ち合わせているので父と娘だけではなく、兄と妹、子供と母親のように思えてくるところが興味深い。

この数年の間、コーエン兄弟はこれまでのギミック的な映像表現を押し出すことを卒業してしまったけど、こういうシンプルな話になるとそれが単に"落ち着いた"という事ではなく、ストーリーテリングのための映像としてはより鋭利なものになっている事を感じさせます。特に終盤近くの馬が駆けていくシーンは素晴らしかった。

しかしジェフ・ブリッジスは今回も渋かった。俺もアイパッチが似合う大人になりたい。
[PR]
by erenoa70 | 2011-04-09 17:50 | Movie