「ほっ」と。キャンペーン
ブログトップ
「ランナウェイズ」を観ましたよ
a0012356_19432670.jpg
シネクイントで「ランナウェイズ」を観ましたよ。

ガールズ・ロックバンドの始祖、The Runawaysの伝記映画。ジョーン・ジェットをクリスティン・スチュワートが男前に、シェリー・カーリーをダコタ・ファニングが危なげに演じていて、映画としては無難な作りながらも楽しく見れる。

特にダコタ・ファニングさんは少女から一人前のビッチになる過程を余すところなく魅せつけてきやがるのでオジサンはとても心配になりました。

二人の少女がそれぞれ皮ジャン&メイクと、形からロックの世界に入っていくのも良かった。ロックンロールの良い所はその熱意がファッションとして可視化させる部分にあるように思う。ダブステップやアブストラクトヒップホップやろうぜ!と言っても中々こうはならない。

一方でそれが自意識を加速させてしまい、バンド崩壊のきっかけになるんだから何だか痛し痒しなわけですが、それでも「ロックンロール!」と叫ぶ事を止めないジョーン・ジェットはもちろん、なぜか今では木彫りのチェーンソーアート職人になっているシェリー・カーリーもやはり魅力的なロックンローラーだとしか言いようがない。
[PR]
by erenoa70 | 2011-04-17 22:40 | Movie