ブログトップ
「メタルヘッド」を観ましたよ
a0012356_123483.jpg
シアターN渋谷で「メタルヘッド」を観ましたよ。

母親を亡くし、抜け殻のようになってしまった親子の元になぜか破天荒ななメタル兄さんが光臨!その兄さんに扮するのが「(500)日のサマー」でモテない男のハートを掴んだジョセフ・ゴードン=レヴィットというからビックリ驚いた。

悩める人を救う長髪で正体不明の男がキリストをモチーフにしている事は間違いわけですが、その言動や行動は神様というかメタルというかチンピラのそれ。

Fワード連発してJACKASSばりの身体を張った遊びをするわ、ブリーフ一丁でダラダラして屁をこくわで、そもそも親子を救うどころか優しくする気があるんだか無いんだか分からない。

でもこれをJGLが演じるとどこか柔和な人物になる。彼が落ち込む人を元気づけようとして例え話しをするという場面が何度かありますが、それが毎回下ネタ&遠回りすぎて相手に全く伝わらないので最高。「悪ぶっても人の良さは隠せないようだな!JGL!」という感じです!

そうしたおかしな要素と、全体に漂う喪失感のマッチングが素晴らしい。ゴミゴミしい町を瑞々しく捉えた撮影も良くてラストでは「オォ!」と唸らせてくれました。

話自体はよくあるパターンだけど、"どこからともなくフラリとやって来て、何かを解決して再び去っていく"という人物設定はすごく好き。日本だと金田一耕助や車寅次郎もそうかも知れない。寅さんは恋するだけか。
[PR]
by erenoa70 | 2011-07-10 11:45 | Movie