「ほっ」と。キャンペーン
ブログトップ
「デビル」を観ましたよ
a0012356_031583.jpg
TOHOシネマズ日劇で「デビル」を観ましたよ。

高層ビルのエレベターに閉じ込められた5人、この中に悪魔がいる!という規模が大きいんだか小さいんだか分からないM・ナイト・シャラマン製作のホラー。期待してなかったけど、すげー楽しかった。

タイトルからして「デビル」だから観客はここで起ることは悪魔の仕業だともう分かっているわけです。それでなくてもオープニングタイトルから、ありそで無かった見せ方で明らかに普通じゃない異世界へと誘導してくれる。

しかし登場人物たちはそれがよもや悪魔だとは思わないわけで、エレベーターの電気が消えたりガラスが割れたり、誰かが死んでいてもこの中の誰かがやったと疑心暗鬼になる。その"志村、後ろ!後ろ!"な構造がハラハラさせます。

後半になり徐々に明らかになる登場人物の関係性とその世界観の広がりはシャラマン先生の真骨頂ですが、監督ではなく製作に専念したことで先生の"俺様節"が薄まり、いつもより物語が素直に頭に入ってくるのが良かった!心霊写真的な演出でなく、音でビックリさせるでもなく、ジワジワ怖がらせてくれるのも嬉しい。

本作はシャラマン先生が新鋭の監督を起用して自らのアイデアを映画化していく"ナイト・クロニクルズ"というホラープロジェクトの第一弾ですが、一発目からこれなら期待大。もうみんな「エアベンダー」のことは忘れよう!

追記:書いた時点でほぼ公開は終わってましたね・・・でもDVDでもオススメです。ちょっとしたパーティのお供に!
[PR]
by erenoa70 | 2011-08-07 01:24 | Movie