ブログトップ
「モールス」を観ましたよ
a0012356_251335.jpg
シネマスクエアとうきゅうで「モールス」を観ましたよ。

傑作ホラー「ぼくのエリ 200歳の少女」をみんな大好きヒットガールのクロエ・グレース・モレッツさん主演でリメイク。

良くも悪くもアメリカナイズドされていて、オリジナルには皆無だったポップ要素が目立つけれど、一番の違いは主人公たちの関係が完全にボーイ・ミーツ・ガールものになっているところ。

ここからはいかにオリジナルが良かったかという話になってしまいますが、その魅力の一つはヴァンパイアの少女とそれに惹かれる少年、それぞれのルックスが中性的で性別が曖昧に見えるところ。その曖昧さこそが彼らの危うさであり、人間とヴァンパイアの相容れない関係を表していたのではないかと思います。

ところがクロエさんはどう見てもカワイイ女の子なので、そりゃあガキ共だって好きになるでしょう。オッサンの俺でもなる。

どちらも小さな恋愛を描いてるには違いないんだけど、まだ恋とも呼べない淡い気持ちやそれに対する恐れみたいなものが薄まってしまっているので俺はオリジナルの方が好きです。

ふと、恋愛とか恋とかサラっと書いてる自分が恐ろしくもある。寒気がする。
[PR]
by erenoa70 | 2011-08-12 03:46 | Movie