「ほっ」と。キャンペーン
ブログトップ
「ハウスメイド」を観ましたよ
a0012356_16231230.jpg
新宿ミラノで「ハウスメイド」を観ましたよ。

新しく雇われた家政婦(女芸人のいとうあさこ似)が屋敷の主人と寝てしまったことから始まる愛憎劇。ちなみにオリジナル作品である「下女」は機会に恵まれずいまだ未見です。

使いやすいので思わず愛憎劇とか書いてしまいましたが、ここに出てくる大人たちは誰も愛情のやり取りをしていないように思える。その思いやりの無さ、無情さは生活感丸出しの家政婦と、整形丸出しの若奥様&大奥様の人工的な美しさの対比からも際立つ。

ただそれが表面的な表現なので人間のイヤーな感じが他の韓国サスペンスと比較しても発言小町レベルで終わってしまってるのが残念。オリジナルではどうなんだろうか?

そもそも、屋敷の主人が家政婦の風呂掃除をしている姿を見てムラっとくるのが発端となるわけですが、生活感から滲み出るエロさと主従関係のコンボがそうさせるのは何となく分かる気がする。

と思ったけど、市原悦子の「家政婦は見た」シリーズでたまに悦っちゃんが乙女扱いされるでしょう。その家の主人から抱きつかれたりして。あれはちょっと分からない。
[PR]
by erenoa70 | 2011-09-10 17:19 | Movie