ブログトップ
したまちコメディ映画祭 「宇宙人ポール」を観ましたよ
a0012356_644572.jpg
第4回したまちコメディ映画祭in台東「宇宙人ポール」を観ましたよ。

「ショーン・オブ・ザ・デッド」「ホット・ファズ」のサイモン・ペグ&ニック・フロストがコミックの祭典に出かけたついでにめっちゃフレンドリーな宇宙人に出会うというSFコメディ(監督はグレッグ・モットーラさん)。

もうこの設定だけで褒める要素しか見当たらないわけですが、その高いハードル設定を超えて思いきり笑わせてもらったし実はそっと泣いたよ。

「E.T」や「未知との遭遇」を始めとするスピルバーグへの尊敬と敬意を笑いに変えてグラデーションのように折り込みながらも、全体を通して描かれるのはサイモンとニックの十八番でもある「友達っていいよな」感。

そこに他人とは思えない気だてのいい宇宙人が新しい友達になっていくという放課後な時間がたまらない。見ているこっちまで「コイツが近所に住んでたらいいのになー」とわりと本気で思えてくるわけです。少なくともE.Tよりは楽しそう。

そういえば「未知との遭遇」の宣伝コピーは「We are not alone」だったなあとか思い返しながら、浅草で友達らとガンガン飲んで帰りました。
[PR]
by erenoa70 | 2011-09-25 08:10 | Movie