ブログトップ
「狂った野獣」&「ポルノの女王 にっぽんSEX旅行」を観ましたよ
a0012356_1721494.jpg
シネマヴェーラの中島貞夫特集「狂犬の論理」で「狂った野獣」と「ポルノの女王 にっぽんSEX旅行」を観ましたよ。

「狂った野獣」はスクリーンの鑑賞は始めてだったけどやっぱり傑作。銀行強盗に失敗した片桐竜二&川谷拓三が路線バスをジャック!しかしその乗客の中にさらに凶暴でトチ狂った渡瀬恒彦さんがいた・・・!というアクション。

東映ライクなギャグと、緊迫感溢れるアクションとのバランスがまあ見事。テンパった川谷拓三ちょうカワイイーとか思ってたら後半で明らかにやりすぎなカーアクションが待ち受けている。パトカーやバイクが次々と無駄に転倒していく光景のヤケクソ感といったらないです。ホントに素晴らしい。

あと上映中、白バイ隊員役の室田日出男が思いきりバカな死に方をして「ウッ!」と絶命した瞬間にフィルムがブチ切れて上映が中断したのに笑った。これも含めて劇場で観れてよかったよ・・・

もう一本の「ポルノの女王 にっぽんSEX旅行」はスウェーデンのポルノスターで映画ファンには「ゼイ・コール・ハー・ワン・アイ ~血まみれの天使~」でもお馴染みの美女、クリスチーナ・リンドバーグ主演作。

これは未見だったので楽しみだったわけですが、「SEX旅行」という呑気なタイトルのわりにいきなりレイプされたかと思えばその後はずっと監禁されて散々な目に合うのでリンドバーグさん可哀想すぎる!ビックリしたよ!

しかし日本の狭いボロアパートに白人のポルノスターがいるという不思議な絵面はメトロン星人のそれと同じ情緒が漂っていてそこは凄くよかった。

どうでもいいけどクリスチーナ・リンドバーグは女優引退後、なぜかキノコ採集に凝っていて「クリスチーナ・リンドバーグとキノコを探そう」という教育ビデオを製作してるらしいです。感慨深い。
[PR]
by erenoa70 | 2011-09-29 18:22 | Movie