ブログトップ
「世界侵略:ロサンゼルス決戦」を観ましたよ
a0012356_444039.jpg
新宿ミラノで「世界侵略:ロサンゼルス決戦」を観ましたよ。

また宇宙人が地球に攻め込んできたのでアメリカ軍がスッゲー頑張るっていうお話。おそらくはリアルで徹底した破壊描写を目的として作られたと思われ、今年の始めに見た予告編のインパクトはかなり大きかった。

しかしそれから震災の影響で公開が延期となり、その間に「スカイライン」「トランスフォーマー/ダークサイドムーン」がしれっと公開され、本作は地球がすでにボロボロになった状態でバトンを渡されて後塵を拝するような状態になってしまった。

何よりあの震災を身をもって体験してしまったので、ちょっとやそっとの破壊描写じゃビクともしない。いくら宇宙人が「怖いぞー」とやって来て街をバンバン爆破させても余裕ぶっこいてられるタフネスさを身につけてしまっているわけです。

侵略をもくろむ宇宙人さん方におかれましては大変な時代だと思いますが、そこは我々日本人を心底ビビらせるくらいの気合いを入れてかかってきて欲しい。

またアメリカにはミシェル・ロドリゲスというとても強い女性がいます。今回も頼れる存在として戦場を闊歩していますが、彼女はまだ正式な戦闘服である黒いタンクトップ姿を一度も見せていない。

これがどういう事だか分かるでしょう?分かるんじゃないかな。ま、ちょっと覚悟はしておけ。
[PR]
by erenoa70 | 2011-10-02 05:25 | Movie