ブログトップ
「モテキ」を観ましたよ
a0012356_615233.jpg
渋谷HUMAXシネマで「モテキ」を観ましたよ。
ちなみに原作は大好きだけどドラマはまあまあな感じの立ち位置です。

三十過ぎたフリーターのサブカル糞野郎が突然いろんな女にモテ出すという邦画では珍しいセックス・コメディ。これをメジャーなステージで実現させたことは大いに誇るべきだし、亜流でも何でもいいからこの後に続いて欲しいと思います。

だからこそテレビドラマの分かりやすい撮影や演出が残念に感じる。カラオケの歌詞やビルに浮かぶハートマークなどのダイレクトな表現は、訴求力は高いかもしれないけどネタ扱いになってしまう。お話も都合の良い部分がちらほら。

それでもなお、面白いと思えるのはやはり女優陣の魅力に尽きるわけです。特に麻生久美子さん演じる"重い"タイプの女性は原作にもいなかった感じのニューカマー。

彼女に対する主人公の冷たさは他の女性にアワアワする感じと違ってもう賢者モード。それに対して泣きながら「悪いとごあっだら直すがらぁ~」とすがる麻生さんが不憫でならないよ!何言わせてんだよ!どぉなっちゃってんだよ!

でもまぁ、そうした男女の勝手な想いがすれ違ってしまうのもまた恋愛にはセットであって、モテ期というファンタジーと厳しい現実が混在しているのがこの作品の魅力なんだなと思いました。そういえばクライマックスで長澤まさみが放つ一言に俺は冷めたね。すっごい冷めた。でも可愛いから許す!
[PR]
by erenoa70 | 2011-10-03 23:26 | Movie