ブログトップ
「ラブ・アゲイン」を観ましたよ
a0012356_16133959.jpg
シネマート新宿で「ラブ・アゲイン」を観ましたよ。

原題は「CRAZY, STUPID, LOVE.」。長年連れそった奥さんからズバリ離婚を切り出されてしまったダサいお父さんが、スゴ腕ナンパ師からレクチャーを受けてモテ男に変身するー!と聞けばいつもの"童貞コメディ"を連想させますが、それだけでは終わらない素晴らしい作品に仕上がっています。

スティーヴ・カレル演じるお父さんは若くして結婚してからずっと奥さん一筋。子供からの信頼も厚く、なんで離婚されるかがサッパリ分からない。ただ夫婦の間で何らかの決定的な断絶がある事は間違いなくて、自分を変えていく過程でそれが何なのかを探っていく。

それをバカみたいな失敗を繰り返していくのでゲラゲラ笑って見れるわけですが、「20年間、身体に合わないスーツを着ていたよ」というセリフは象徴的で、時には立ち止まって自らを省みる必要性を示してくれます、元「40歳の童貞男」のカレルが。

また彼の13歳の息子がいかにも童貞らしいノープランな戦法で年上の女子高生に挑んでいく姿にもグッとくる。彼を筆頭に、夫婦間の問題だけでなく周りの人達の関係性もキッチリ描かれているので映画全体に深みが増す。そんな彼らが集合するラストシーンは多幸感に満ちあふれてホントに素晴らしい。素晴らしいです。

誰かと添い遂げるということは容易ではなく、時間が経つにつれ関わり方も変化していく。それでもなお、大事に育んでいくだけの価値がそれにはある・・・なんてクサい事を考えるのは自分が結婚なんて大層な真似をしたからかも知れませんが、起伏に富んだ脚本といい、ここぞ!という箇所で決まりまくる演出といい、魅力的すぎる俳優達といい、今年ベスト級の大傑作なのでこれはもう観た方がいいです!

※都内では23日までシネマート新宿で、来年1月6日までシネマート六本木での上映が決まっているそうですよ
[PR]
by erenoa70 | 2011-12-17 15:05 | Movie