「ほっ」と。キャンペーン
ブログトップ
「哀しき獣」を観ましたよ
a0012356_16265673.jpg
シネマート新宿で「哀しき獣」を観ましたよ。

傑作「チェイサー」のナ・ホンジンが再び手がける悪いやつらの追っかけっこ。前作よりもさらに物騒で不穏な出来になっていてこれまた面白かったです。

出稼ぎにいったまま音信不通となってしまった妻を探しながら、地元ヤクザから請け負った殺しを遂行するタクシー運転手が案の定ドツボにはまってく。

追う、追われるという活劇の基本でハラハラさせ、またその先にあるやるせない徒労感もたまらないわけですが、一番の見どころは地元ヤクザ・ミョン社長を演じるキム・ユンソクの野獣ぶり。

熊のような風体でノシノシ歩き回り、相手の頭を容赦なくカチ割り、何だか分からない動物の肉をガツガツと喰らう。まるで「オレ、タベル! オマエ、コロス!」とでも言いたげな単純明快でプリミティブな魅力に溢れています。

そんでもってコイツがなかなか死なない。ちょっとくらい刃物で刺されても「痛え!」くらいですぐ襲いかかってくるし、走る車からフリ落とされてもT-1000のように起き上がって追いかけてくる。やっぱ映画はなかなか死なない人が出てくると盛り上がりますね。

「チェイサー」でもそうだったけど、このキム・ユンソクさんが下の人間に対して頭をパコーンと叩いて「お前なにやってんだコノヤロー」みたいに言うのがすごく面白いと思うので、是非ともモノマネを会得したい。
[PR]
by erenoa70 | 2012-01-25 18:23 | Movie