「ほっ」と。キャンペーン
ブログトップ
「ジャックとジル」を観ましたよ
a0012356_8562255.jpg
新宿ピカデリーで「ジャックとジル」を観ましたよ。

広告代理店に勤め社会的に成功をおさめたアダム・サンドラーの家にかなり面倒な性格の双子の妹がやって来て大暴れする、安心のハッピーマディソン製コメディ。

なんでもラジー賞の候補になってるとかでファンとしては心外なんだけど、兄と妹を演じ分けるアダム・サンドラーの一人二役はズバリいって気色悪いし、いつにも増して子供みたいなウンコ、オナラネタが多いので仕方ねえ。

とはいえかなり笑ったし俺は大満足。主人公たちだけではなく、サブキャラがみんな濃くて面白いし、最後にはホロッとさせてくれる。

つまりいつもと全く一緒なわけですが、ここまで安定してくると"アダム・サンドラー・ユニバース"とも言える一つのジャンルと化している気もする。基本的に主要人物がみんな善人であるという性善説に乗っ取ってるから差別ネタも安心して思いきり笑える。

今回は妹に一目惚れしてしまう役でアル・パチーノが本人役として大はしゃぎしてるけど、このジャンルに上手いこと取り込まれて「凄いいい人なんじゃないか、アル・パチーノさんは」と思ってしまうほどです。
[PR]
by erenoa70 | 2012-02-14 12:42 | Movie