「ほっ」と。キャンペーン
ブログトップ
「おとなのけんか」を観ましたよ
a0012356_41213100.jpg
TOHOシネマズシャンテで「おとなのけんか」を観ましたよ。

子供のケンカをめぐってその親同士が大人な話し合い・・・のはずが、徐々にヒートアップして敵味方入り乱れての泥仕合になるという名優揃いのタッグマッチ・79分1本勝負。

会話劇であり密室劇であり、また話がリアルタイムで進行するのは戯曲が原作だからだけど、終止ニヤニヤ笑いが続くし、サスペンスフルだし、映画的な工夫もたくさんあって面白かったです。

表向きは寛容でリベラルな夫婦が本音と感情をムキ出しにして他人はもとより自分まで罵って醜態を晒していく姿はたまりません。

ここに目をつけるあたり監督ロマン・ポランスキーは流石と思うし、今だ変わらない底意地の悪さを味わえたことは生きる喜びです。

ジョディ・フォスター、ケイト・ウィンスレット、クリストフ・ヴァルツ、ジョン・C・ライリーという安定感のある配役も良かったけど、特にずっと応援してきたジョン・C・ライリーがこの人達と肩を並べ、よもやジョディ・フォスターと夫婦役を演じるまでになったと実感出来たのは生きる喜びです。

始めて行った他人の家での所在無さげな感じや、食事に口をつける時のほのかな緊張感も良かった。そしてゲロの破壊力はパねえと改めて感じました。気をつけよう。
[PR]
by erenoa70 | 2012-03-05 05:41 | Movie