「ほっ」と。キャンペーン
ブログトップ
「ヤング≒アダルト」を観ましたよ
a0012356_3412063.jpg
新宿武蔵野館で「ヤング≒アダルト」を観ましたよ。

高校時代は女王様だったものの、すでに何やかんやで37歳独身、ライター稼業もパッとせず、散らかった部屋に犬と暮らし酒と男で寂しい夜をやり過ごすシャリーズ・セロンさんが元カレに子供が産まれたことを知って里帰りします!

この時点でもうイヤな予感しかしないわけですが、大方の予想通り故郷では目も当てられない惨劇が待ち受けている。

学生時代の栄光や思い出にすがって生きていく人というのは確かにいるし、その当時に貼られたレッテルというのは中々剥がしづらいわけですが、そうした人間関係や価値観というのは自らの意思で変えていく事が出来るし、またそれを成長と呼ぶのかも知れないけど、そう上手くはいかねえよっていうね。

主人公もご他聞に漏れず、学生気分のままの高飛車な態度で周りを見下したりするので思いきりドン引きされてしまう。

そうなるのは分かっているのに帰ったんだろう?と思うんだけど、彼女が何度か元カレに会うたびに本気の化粧をするんですね。二日酔いでボサーっとした顔が徐々に美人になっていく。他の人はこっちでいうユニクロやしまむらファッションなのに明らかにやりすぎなビジュアルで出かけるわけです。

おそらく彼女も自分の置かれた状況はうっすら分かっているからこそ、ガッチリした鎧をまとって戦いへ臨むのかなと。だからこそ悲壮感が見え隠れするし、また完璧な美人ではあるんだけど四十手前ともなるとさすがに衰えは隠せないという残酷さにも泣けてきました。

最後の修羅場で明かされる事実と、その後に訪れるささやかな時間は笑う事も蔑む事も忘れてひたすら優しい気持ちになる。それを経てなお、あんま改心しないシャーリーズ・セロンさんに惚れ直した。
[PR]
by erenoa70 | 2012-03-30 19:20 | Movie