ブログトップ
惰眠の季節
a0012356_18211810.jpg
また電話で「寝てた?」と言われ「寝てないよ」と嘘をついてしまった。

たまに考えるのだが、もしここで「ホントに?寝てたんじゃない?」と追求されたら一体どうするんだろうかと思う。

「悪い、ホントは寝てたんだ」と正直に言うだろうか?いやおそらくは「寝てた。マジで寝てた」とまた嘘をつくだろう。

そうするともう後には引けないから、さらなる追求にはさらなる嘘を重ねていくことになる。なぜ寝てないなんて言うのか?というシンプルな疑問は、なぜ起きてると言い張るのか、そもそも本当にお前は起きているのか?という禅問答へと変わっていく。それら全てをその場しのぎの嘘でやり過ごすわけだから、至る所にほころびが出てきて当然だ。

ある朝、私は家族を捨て、友を捨て、仕事を捨て、全く知らない遠くの国へと旅立つ。そこでゼロからやり直すのだ。今度こそ正直に、しようもない嘘などつかず真っ当に生きていくのだ。

しかし、その新しい土地で「寝てた?」と聞かれたら「寝てないよ」と言う自信もある。「ホントに?」と追求されたらさらに嘘で塗り固めていくだろう。そうした素振りの演技も随分と上達してるだろうし、雰囲気に応じて嘘の設定やエピソードを使い分けるテクニックも身につけている。年期が違うのだ、バカにしてもらっては困る。

そんな事を考えてたら眠くなってきたので、もう一度寝た。
[PR]
by erenoa70 | 2012-04-11 19:24 | Stupid