ブログトップ
「裏切りのサーカス」を観ましたよ
a0012356_439247.jpg
新宿武蔵野館で「裏切りのサーカス」を観ましたよ。

東西冷戦下のイギリス諜報部を舞台にしたスパイ映画。原作も未読で下調べも無いまま観たので最初は話を追っかけるのが大変だったけど、次第に引き込まれてスゲーかっけえやら面白いやら。スパイ最高。

監督が傑作「ぼくのエリ 200歳の少女」のトーマス・アルフレッドソンという事もあってとにかく映像が素晴らしい。細かい政治情勢や人物関係が分からなくても饒舌な映像の力でグイグイ惹き付けていく。それでいて(「ぼくのエリ〜」もそうだけど)、どこか突き放したドライなとこがたまらない。

ドライといえばスパイたち、特にキャリアを重ねた老スパイたちはあまり感情を表に出さずドライな仕事に徹する。それに引き換え若手は何かっていうとアワアワしちゃってダメだな。

老スパイたちはスーツの着こなし方もキマっててカコイイ。脱いだら負けみたいな感じで何があってもスーツを脱がない。浮気してHしてたのがバレそうになる時までビシっと着てるからこれは見上げたものだと思いました。

スーツを着る仕事とかやった事ないけど、老スパイになれるっていうんなら明日からでも着てもいいよスーツ!
[PR]
by erenoa70 | 2012-05-21 12:14 | Movie