「ほっ」と。キャンペーン
ブログトップ
「ラブド・ワンズ」を観ましたよ
a0012356_4505027.jpg
シアターN渋谷で「ラブド・ワンズ」を観ましたよ。

大事なプロムの誘いを断ったイケメン男子を拉致監禁してついでに拷問もしちゃうゾ!というキチガイ系女子が大活躍の豪州産スリラー。

あくまで王子様として拉致したはずなのに、椅子に縛り足をクギで固定し、混ぜたら危険な液体洗剤を注射されたりとえらい理不尽な扱いを受けます。痛いだけならまだしも、恥辱プレイまであるからもうたまらんです。

これが単なる拷問ショーだったら別にどうって事ないんだけど、父親とのあやしい関係を始めとして細かい部分がじわじわと効いてくる。

特にアルバムの存在は怖かった。彼女にとって一番大事なのはそのアルバム=思い出であって、目の前の生きてる人間とかマジどうでもいい、というのは彼女なりの整合性があるように思えて非常にやっかいで恐ろしかったです。

息抜きとしてのサイドストーリーの扱いや、ラストの思いきりの良さも含めて小技の効いている作品。ご家庭でもカンタンに出来るロボトミー手術も見れて大変勉強にもなりました。
[PR]
by erenoa70 | 2012-06-29 05:17 | Movie