ブログトップ
「サニー 永遠の仲間たち」を観ましたよ
a0012356_9142966.jpg
ヒューマントラストシネマ有楽町で「サニー 永遠の仲間たち」を観ましたよ。

40代になった主婦のナミは偶然にも高校時代の親友と再会。しかし彼女は余命いくばくも無いのであったーという韓国産の青春映画。

難病もので80年代懐メロ、衣装は原色バリバリでギャグは漫画チック、なのにいつの間にか引き込まれてしまい、彼女たちの事が心配でたまらなくなるから不思議!

"思い出補正"という言葉がありますが、これは何もキラキラしてピュアで美しいというだけではなくて、バカでダサダサな方面にも使われるのだなあと実感出来ました。彼女たちが女子っぽさ丸出しでウフウフキャッキャしてるだけでなく、喧嘩上等の不良グループという設定も面白い。

そのバカで楽しかった思い出と、シビアな現在との落差が大きいから厳しいんだけど、再び仲間たちと出会う事で自分は何も別人になったわけではないと感じ、昔と今が繋がる辺りがグッとくる。なろうと思えばいつでもバカでダサダサな自分にだってなれるわけです。

冒頭で韓流ドラマを「また難病かよ!」とか皮肉るように、ドラマというものをキチンと定義してこちらの感情をガンガン揺さぶってくるのが巧みで関心させられます。

観ていて涙腺もかなり危なかったけど、前の席にいたオッサンが中盤から声を出してオイオイ泣いていたので冷静に観ることが出来ました。
[PR]
by erenoa70 | 2012-06-30 11:01 | Movie