「ほっ」と。キャンペーン
ブログトップ
「ピラニア リターンズ」を観ましたよ
a0012356_15121363.jpg
ヒューマントラストシネマ渋谷で「ピラニア リターンズ」を観ましたよ。

「ピラニア3D」の続編。監督は前作のキレ者、アレクサンドル・アジャさんから、「ザ・フィースト」の凡人、ジョン・ギャラガーへバトンタッチ。この時点であまり褒めてない事がバレますが、どうもイマイチでした。

もちろんバカ映画は大好きだけど、バカも狙い過ぎるとバカじゃなくなるというか、大学生がはしゃいでるノリに近くて画面の中が楽しそうにすればするほど冷めていく自分がいます。

パニックホラーではなくホラーコメディになるのはいいとしても、怖がらせる描写が全くデタラメなのはいただけない。たとえば水中でカメラが人に近づいていくというお馴染みのショットはホラーの方程式としてはピラニア目線じゃなきゃいけないわけですが、これが単なるイメージショットだったり、ピラニア目線だったり統一されてないから全然ハラハラしない。

最終的にはお話とかホラーとかどうでもよくなって、オッパイ出て楽しけりゃいいじゃん最高フォー!ってヤケクソな気分になります。

ではこれで不機嫌だったかというと、デヴィット・ハッセルホフのキメ顔をアホほど見せられて自然と顔がほころんでしまった俺の負け!完敗!
[PR]
by erenoa70 | 2012-07-27 21:09 | Movie