ブログトップ
『ワイルド・レンジ 最後の銃撃』
a0012356_1683223.jpg『ワイルド・レンジ 最後の銃撃』を鑑賞。

ケビン・コスナーの西部劇に期待出来るはずが無いのは当然だが、これが掘り出し物。冒頭からクライマックスの銃撃シーンまで、シネスコサイズを活かした画面構成が素晴らしい。
驚くほど地味なカウボーイの復讐劇だが、この復讐の種の小ささこそが西部劇の要であって、そこを外してないのも好感が持てる。エピローグが余計な気もするが、映像の美しさだけでも一見の価値アリ。

シネスコの画面なら最近では『オールドボーイ』もカッコよかった。『北の零年』もシネスコらしいが、これはサユリストの俺も無視。
[PR]
by erenoa70 | 2005-02-07 16:20 | Movie