ブログトップ
奴らに鉛をぶちこめ!
a0012356_15329.gif今夜はあるイベントに招待された。

某DVDの発売に絡んだ業界向けのイベントで某クリエーター2人がそのDVDを流しながらダベるという内容だったんだけど、その居心地の悪さと言ったらなかった。

のっけから業界人特有の喋り方や態度が鼻につく。映像を見ながら「ヤバいよねー」と100回くらい余裕で言ってたけど何がどうヤバいんだよ。ちゃんと感想を言え。この某クリエーターは自分と趣向が似ている事もあって注目はしていたが何故か好きになれない部分があったのだけど今夜はその理由が良〜く分かった。

悪ぶるクセに選民意識、エリート意識が高いのだ。思い返せば彼氏がこれまでデザインしてきた商品はオシャレ産業の奴らが目の届かない文化(昔のビデオとか漫画とか)をクラブミュージックやファッションでコーティングしてるだけのインチキなコラージュだ。過去の作品を引用して自分の作品に還元する手法は90年代以降、様々な文化の大きなポイントだと思う。しかしそこには(俗な言い方だが)魂が必要だ。彼氏の言動や活動にはそれが無かったのだ。ただオシャレなシーンでブラブラしてるだけじゃないか、何がしたいんだ。それは「引用」では無く「搾取」と呼ぶんじゃねえか。そしてソコに注目した俺は他とは違う、という姿勢。トークの中で「人の金を使って酷い事してる、ヤバいよね(笑)」なんて言ってたがホントにそう思うよ、皮肉じゃなくて。

何がクリエイターだ、サブカルチャーなんて糞喰らえだ。それにくっついて回る業界やコレに簡単に憧れる奴らも同罪だ。奴らに鉛をぶちこめ。

なんて思うのと同時に、自分達の作品の営業にもなればと思ってノコノコこういう場に出てきたセコい自分にも腹がたって早々に会場を後にした。

その後にこれに誘ってくれたワールドスコープのK女史とコーヒーを飲んだけど、どうみてもストローを刺す為の穴をさして(画像参照)「どうやって飲むの?」とそのまま口をつけようとしてたのを見てイライラしてるのがバカバカしくなったのでした。おわり。
[PR]
by erenoa70 | 2004-04-17 01:30 | Others