ブログトップ
モーグ博士とラーメン
a0012356_53158.jpg
シンセサイザーの発明者、モーグ博士のドキュメンタリー『MOOG』を鑑賞。

電子音楽やシンセ開発の逸話が続くかと思いきや、アイデアの発想法や「演奏」と「聴く」という行為の相互性など、博士の観念的な話が大半を占めていたのは意外。

平たく言えばロマンを大事にしている人なんだなあと感じたし、こういう人物から自分の大好きな電子音楽が産まれた事は嬉しくも感じた。

しかしパンフレットのインタビューで1973年の初来日を振り返り、当時誰もラーメン屋に連れて行ってくれなかった事に対して本気で激怒し「ラーメンについての文献を研究した。ラーメンはデザイナーである料理人と顧客であるユーザーとの味の真剣勝負だと知った」と語るのを読むにつけ、やっぱり科学者というのはアレだなあと思った次第である。

■劇場のチラシで知ったイベント『THE MOOOG DAY』。行く。
[PR]
by erenoa70 | 2005-03-18 05:18 | Movie