ブログトップ
『サイドウェイ』
a0012356_20445479.jpg『サイドウェイ』を鑑賞。

自称作家のワイン通と落ちぶれた昼メロ俳優のロードムービー。大好きな『ハイスクール白書』から続く監督アレクサンダー・ペインの「枯れた」感は本作でも健在で、コレが後半バシバシ効いてくる。やっぱり台詞がウマいです。

ワインというキーワードのせいかオトナの映画、なんて評判だけどヤングもこれを観て来たるべき中年の悲しみ(おかしみ)について今から疑似体験しておくのも悪く無いんじゃねえかと適当に思った。

あと珍しく初回の朝10時から観たんだけどワインを飲むシーンが続いて朝から酒飲みたくなったので困る。グラスを燻らせながら「そうね、96年のシャトー・マルゴーはアレがナニなんだよね・・・」なんて言ってみたくなったが、天狗とかに置いてあるワインをガブ飲みするくらいしか脳が無いのを思い出して止めた。
[PR]
by erenoa70 | 2005-03-29 20:48 | Movie