ブログトップ
『50回目のファーストキス』
a0012356_3343535.gifさあ!待ちに待ったSW観るぞ、観るぞ!!って家を飛び出したものの、気がついたら『50回目のファーストキス』の劇場に行ってたよ。まあそんなもんだ。

交通事故の後遺症で記憶が一日しか持たないドリュー・バリモアに一目惚れしたアダム・サンドラーが来る日も来る日も彼女と”初めて”出会い、毎日口説き続けるというお話。

毎日同じ事を繰り返す、という構成は既に『恋はデジャ・ブ』という大傑作があるのでいささか不安だったが、本作はそれを構成の妙に頼らず、ド真ん中の恋愛映画として描いているトコが素晴らしい。

”付き合い始め”の期間がずっと続くなんてこっ恥ずかしい夢物語をコメディで成立させるなんて芸当はアダム・サンドラーでしか出来ない。もはやこういう役をやらせたら敵なしのドリュー・バリモアの魅力は言わずもがな。そして本作のもう一つの魅力は脇役陣にある。特にサンドラーの盟友、ロブ・シュナイダーとドリューの兄貴役のショーン・アスティンのバカっぷりには呆れるのを通り越して憧れすらする。

劇場を出ていく観客が皆笑顔だったのが印象に残った。
[PR]
by erenoa70 | 2005-07-14 04:10 | Movie