「ほっ」と。キャンペーン
ブログトップ
『四月物語』
a0012356_53539.jpg「これは酷い、酷いから見た方が良い」
と友人に勧められ『四月物語』を鑑賞。

冒頭、主人公を演じる松たか子が上京するのを家族全員が駅で見送るシーン。その家族は松本幸四郎一家・・・これじゃ松たか子まんまだろ、役じゃなくて。

その後、上京して右往左往する主人公の様を爽やかに、淡々と描いていくのだが、その姿勢が鼻につく。爽やかなつもりが逆にクドいとでも言うか。抑揚が無ければ自然な演技が出来ると思うのも大間違いだ。

「この監督は喧嘩した事が無いんだと思う」とは誰の岩井俊二評だったか。

ココには雰囲気以外、何も無い。その何も無いライトな感覚がナウなヤングにモテモテなのも理解出来るのだが、ムカつく。
[PR]
by erenoa70 | 2004-07-09 05:35 | Movie