ブログトップ
「音で聴く『電子音楽 in JAPAN』!」に行ってきた
a0012356_1904239.gif名著「電子音楽 in Japan」の著者、田中雄二さんがイベントをやるというのでちょっとオサレなロフトプラスワン、TOKYO CULTURE CULTUREに行ってきました。

「音で聴く『電子音楽 in JAPAN』!〜大阪万博から「初音ミク」まで、レコードで辿る電子音楽50年史〜」と言う事で、1955年に始まった電子音楽の歴史を解説と音源で振り返るというこの企画。



まーとにかく喋るわ喋るわ。あんなに喋る人は始めて見た(誇張)。その圧倒的な情報量と音源で4時間強が怒濤のように過ぎていった。正直疲れたけど、貴重な音源は聞けたし(多過ぎてそれぞれ30秒くらいだけど)、YMOの元ネタコーナーはかなり勉強になったし、スゲー楽しかったよ。なにより自分の好きな音楽の事を話したい!聞かせたい!という田中さんの熱意がそれはそれは凄かったよ。

ただ、後半でやった「コンピューターおばあちゃんのバージョン違い聞き比べ」みたいな柔らかい部分が多くてもイベント的には良かったかも。一番和んでたし。

イベント的には予定してた事の半分も出来てないようで(blogで告知されてたコーナーの多くはカットだった)また12月にやるかも、との事なので是非出かけたい。

という訳で、バージョン違い聞き比べでも(多分時間がなくて)触れられてなかったPOLYSICS版の「コンピューターおばあちゃん」を聞いて和もうと思う。

POLYSICS - コンピューターおばあちゃん
[PR]
by erenoa70 | 2007-11-05 19:38 | Music