「ほっ」と。キャンペーン
ブログトップ
今日は鍋の日!ホラー映画大行進!
a0012356_049823.gif
更新停止してた間、世の中の大きな出来事と言えば安倍政権の発足と総辞職、そしてホラー映画ブームです。という訳でこれから見たいホラー映画を適当に並べます。




DAIRY OF THE DEAD
御大、ジョージ・A・ロメロの最新作は自主制作のゾンビ映画(今のとこオフィシャルHPがMySpaceてのが自主っぽい)。ホラー映画の撮影で森に入った若者がゾンビに出会うという「ブレア・ウィッチ〜」な展開らしい。このビデオを使った主観映像のホラーというのはここ最近の流行なのか次々と作られてますな。

[REC]
その流行、亜流の中でも期待出来るのがこのスペイン製ゾンビ映画。消防隊の密着取材をしていたテレビクルーが通報先に向かうとそこにゾンビが!もうどこもかしこもゾンビです。

01-08-18
これも予告編見る限り主観もの。未だ題名も内容も不明ながら(CLOVER FIELDとも呼ばれてる)予告編が流れるや、その筋の人達でちょっとした騒ぎになった。プロデューサーは「LOST」のJ.Jエイブラハム。この手法で金かけてるのが鼻につくけどやっぱ見たい。

30 Days Of Night
全米ボックスオフィス1位になった、コミックが原作の吸血鬼ホラー。サム・ライミが絡んでいてるので決して悪い事にはならないんじゃねえかと期待。

I Am Legend
ウィル・スミス主演の「地球最後の男」のリメイク。ウィル・スミスに良い印象は全くないけど、誰もいなくなった廃墟の街で呑気に過ごす姿はなんかイイと思うんだ。

Hatchet
手斧、というタイトルそのまんまに手斧を武器にした殺人鬼がキャンプ場の若者を襲うという王道にも程があるホラー。こういうのは定期的に見たくなるってもんです。

■片腕マシンガール(現在HP無し)
最後は海外資本で撮られた日本映画。もうすっかり(俺の中では)メインストリームの映画監督となった井口昇が日本が誇るスプラッターを思う存分見せてくれそう。まだ日本公開は未定で予告も見れないけど楽しみ過ぎる。何丁目の夕日とか難病より、海外の人が見たいのはこういう映画だと証明しただけでも勝手に胸を張れるね。

他にもロブ・ゾンビの「ハロウィン」やら「28週後・・・」やら挙げれば切りがない程、次々と公開されていくホラー映画。これはもう世界が化け物に支配される日も近いですね

追記:あと来年公開の「ランボー4」はもはやホラーの域。
Rambo 2008 Trailer【YouTube】
[PR]
by erenoa70 | 2007-11-07 01:19 | Movie