ブログトップ
チャイナ・ガール@拳精
a0012356_23555381.jpg「Kung Fu Panda」のエントリで五形拳、いわゆる五獣の拳と書いて即座に思い出したのはジャッキー・チェンの「拳精」。ジャッキー演じる少林寺の寺男がカンフーの妖精から五獣の拳(龍・蛇・虎・鶴・豹)を会得して悪い僧侶と戦うというコミカル路線の傑作で、学校でその五獣拳のポーズが大流行したのは言うまでもない。

そしてその魅力を決定付けたのは劇中に流れる名曲「チャイナ・ガール」。AFRIC SIMONの原曲(リンク先で視聴可)をHERO(長沢ヒロ、佐藤満、ホッピー神山)がテクノ歌謡の要素を入れてアレンジした名曲なのだが、現在発売されてる「拳精」のビデオにもDVDにも「チャイナ・ガール」は入っていない。
これは日本公開当時、配給先の東映が独自の判断で挿入した為で、全国のファンはこのバージョンのDVDを待ち望んでいるのである。

しかし、YouTubeにこのバージョンの一部をUPしてくれた粋な人もいたりする。
拳精 ラストバトル 日本語吹替版【YouTube】

見直すと曲の出来はもちろん、妖精達が最高だ!可愛い奴らだよ。

ついでにもう一つ。こちらはジャッキーが「女の子は男にキスされるのを待ってんだってさ!」などと童貞丸出しな発言で女の子と喧嘩になる名場面。こんな時でも「チャイナ・ガール」は効いてくる
拳精 日本語吹替版【YouTube】
[PR]
by erenoa70 | 2007-11-12 23:52 | Music