ブログトップ
「いのちの食べ方」
a0012356_095878.jpg
猫だーい好き かわいいから あと牛も好きー おいしいから
 スチャダラパー「5th WHEEL 2 the COACH」

いまだに好きな食べ物を聞かれると「ハンバーグとカレー!」と答えてしまうこの俺が「いのちの食べ方」を観てきましたよ。

ここで描かれる「食」は農業というよりもはや工業。ヒヨコの分別がピッチングマシーンのような機械でバシバシと超高速で行われてるのを始め、鳴いてたブタが一本のパイプを通ったら一瞬で即死してたり、農薬の散布は見た事も無い機械でやってたりと、食がどうのこうのより機械やシステムに目が向き、「工場萌え」に近い視点で見てしまった。

また、ナレーションやインタビュー、テロップ等での「説明」が一切なく、グラフィカルな構図で食べ物が出来上がる様を淡々と見せていくのが潔く、能動的になる事でしか鑑賞出来ない仕組みになっているのには関心する。

これで「食」に対する意識が変わったかと言われれば何も変わらないんだが、この一連の作業を無表情でテキパキとこなす人間という動物は凄いと思ったよ。
[PR]
by erenoa70 | 2007-11-13 01:09 | Movie