「ほっ」と。キャンペーン
ブログトップ
アカデミー作品賞に「JUNO/ジュノ」がノミネート
a0012356_20214172.jpg

もちろん観てないけどアカデミー作品賞はポール・トーマス・アンダーソン「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」かコーエン兄弟「ノーカントリー」に穫ってほしいと思う。

ちょっと驚いたのが、「JUNO/ジュノ」がノミネートされた事。父、アイヴァン・ライトマン(「ゴースト・バスターズ」)とはまた違ったコメディ感覚を持つジェイソン・ライトマン(「サンキュー・スモーキング」)が監督で、16歳の女の子の妊娠を巡ってのドタバタをオフビート感覚で描き、ボンクラな映画ファンからオサレさんからまで、幅広い支持を集めている様子(選曲のセンスだけみても納得する)。

ともあれ、こうした映画がアカデミーにノミネートされるのは、なんだかんだ言ってハリウッドの懐の深さを見せつけれる気がして嬉しいやら悔しいやら。
[PR]
by erenoa70 | 2008-01-23 20:27 | Movie