ブログトップ
「ミスト」を観ましたよ
a0012356_20234146.jpg
自慢じゃないが、東に「ソドムの市」あると聞けば飛んでいき、西に「炎628」あると知れば狂喜するほど「救いようの無い映画」が好きなこの俺も、これちょっとキツイなあ・・・と漏らしてしまったのが「ミスト」

ナゾの霧が田舎町を覆い、その向こうには「何か」がいる・・・というホラーだけど、まずはその「何か」の引っ張り方がとてもウマいし、徐々に正体が明らかになってきた辺りで、恐怖に怯える人々の内ゲバが始まって二度怖いという構造になっているのに感心。舞台が完全な暗闇でなく真っ白な霧というのもまた巧妙で、人々が辛うじて理解しうる目の前の出来事しか見えなくなってしまうという恐怖や不安をよく表していると思う。

「何か」が明らかになった時は「えー」とか言いそうになったけども、クライマックスからラストにかけての展開は明らかに予想を超えてた。とにかく終わった時の絶望感と徒労感はちょっと凄い。いくら救いようのない映画が好きだと言っても何もそこまで頼んだ覚えは無い。

「これって「ショーシャンク〜」と「グリーンマイル」の監督&原作コンビじゃん!女の子誘って行こうッ...!」的な事を考えてる若者がいたら、俺は窓口で羽交い締めしてでも阻止する。
[PR]
by erenoa70 | 2008-05-16 20:30 | Movie