「ほっ」と。キャンペーン
ブログトップ
「ゴッドファーザー」を観ましたよ
a0012356_685212.jpg
新宿プラザ閉館さよなら上映で「ゴッドファーザー」を観ましたよ。

いくら由緒正しい名作といえども、その中に自分の好きなシーンが無かったら名作じゃないというのが俺ルールなんだけど、これを改めて観直すとまあ大好きなシーンばっかりだったからやはり「ゴッドファーザー」は紛れも無い、完全無欠の名作だったわけです。

馬の首が転がるショック・シーンに始まり、マイケルの初仕事にハラハラさせられ、襲撃されるソニーの物悲しさに肩を落とす。ドン・コルレオーネが孫と戯れる家庭菜園のシーンではとにかく木漏れ日が美しい。そんな中でも特にマイケルの妻を演じたダイアン・キートンがなんとも言えない表情を見せるラストシーンは何度観ても見事としか言いようがない。この日の上映ではこのカットが終わり、エンドロールが流れると同時に客席から拍手がわき起こったのでなんだか感激した。

それがこの映画館の終焉に対する拍手なのか、「ゴッドファーザー」への拍手なのかは分からないけど、どちらにせよ相応しい幕引きだったと思う。
[PR]
by erenoa70 | 2008-11-05 06:12 | Movie