ブログトップ
「エグザイル/絆 」を観ましたよ
a0012356_510304.jpg
ずっと観たかったジョニー・トー監督「エグザイル/絆 」を観ましたよ。

震えるような大傑作!というか実際に震えたけど!いわゆる説明セリフがほとんどなく、男たちの芝居と拳銃だけで全てを語ってしまうというだけならまだしも、その銃撃戦がまるでクラシックバレエでも観てるような詩情溢れる美しさ。バレエ観たこと無いけど多分こんな感じだよ!

とにかくアンソニー・ウォンを始めとして役者陣が渋すぎるんだけど、よくもまあこんな場面で何も考えてないように淡々と演技が出来るもんだなあと思ったら、なんでも撮影時には台本が無くて監督が「ここでカッコよく飛んで!」みたいなアバウトな指示しかしなかったというからホントに何も考えて無いのであった。

そんなテキトー過ぎる手法でもこんな傑作が出来てしまうのが映画の面白いところで、死を覚悟してもガキっぽいままの男達はもちろん、タフに生きる事を選択していく女達もカッコよく描かれているのがイイ。それでいて中学生レベルのギャグや西部劇へのオマージュがあちこちに配置されているという奇跡のバランス!

何でこんな素晴らしい映画がずっと公開されなかったのか!?配給会社の人を呼びつけて小一時間説教したい!そして公開してくれてありがとう!って抱きしめたい!
[PR]
by erenoa70 | 2008-12-10 05:42 | Movie