ブログトップ
「トウキョウソナタ」を観ましたよ
a0012356_11453161.jpg
今さらですがロードショー時に見逃してた「トウキョウソナタ」を観ましたよ。

家族の崩壊と再生を描いたホームドラマのはずなんだけど、黒沢清が描く家族の日常のなんと恐ろしい事よ。ただ食卓を囲んで飯食ってるだけなのにいつ人が死んでもおかしくないく雰囲気でハラハラさせるんだからそれはもうただ事ではないわけです。

そんな尋常じゃない緊迫感の中でも、たとえば「ピアノ教室に通いたい」と懇願する息子に対して父親が「唐突すぎるからダメだ」という理由で拒絶したりする。これまでもオフビートな笑いを織り交ぜていた事はあっても、黒沢清がここまで笑いに走った事はないし、それがまたちゃんと笑えるというのも見逃せない。

そんな恐怖と笑いが混在する日常の中で、決して声を荒げる事なく、家族それぞれが壊れながらも自分や他者と向き合うという展開が素晴らしかった。

終末思想は行き着くところ、実は楽観的であるという考え方がありますが、それを見事に表現してくれたのではないかと思う。見逃しといて言うのもなんだけど、今のところ黒沢清の最高傑作。凄いものを観てしまった。

あと某映画レビューサイトで「ヨーロッパ映画みたいでダラダラしてる」との評がありましたが、これ書いた人はとりあえずヨーロッパの人達に謝って欲しいとおもう。
[PR]
by erenoa70 | 2009-02-10 12:39 | Movie