ブログトップ
『泳ぐひと』
a0012356_17354258.jpg昨夜、久しぶりに会った友人に「最近どう?」と聞いたら「ルンペンですよ」との返答。無職になった、という意のようだ。

深夜に帰宅したら珍しくTVで『泳ぐひと』をやっていた。金持ちの主人公が他人の家のプールを泳いで渡り帰宅していく、という力技の不条理劇で、サーバービア(郊外)や階級社会への皮肉が全編に溢れるアメリカンニューシネマの傑作である。
いまだにこの「泳ぐ」行為の意味は分からないままなのだが、海パン一丁で我が家へ辿り着こうと苦悩するバート・ランカスターの姿を見ていたら、泳げ、泳げ、もっと泳げ!と思っている自分がいた。

何かが掴めそうな気もしたが期待は叶わず、意味は再び指先からこぼれ落ちた。
[PR]
by erenoa70 | 2004-08-05 07:59 | Movie