ブログトップ
「30デイズ・ナイト」を観ましたよ
a0012356_13593284.jpg
冬になると30日間も太陽が昇らないというアラスカの田舎町に、これ幸いと吸血鬼ご一行様がやってくるホラー「30デイズ・ナイト」を観ましたよ。

クラシックな吸血鬼映画と現代的なサバイバル・アクションをうまく融合させているのが面白い。「遊星からの物体X」を思わせる脱出不可能な舞台設定はそれだけで燃えるし、もしこの町で30日間過ごすとしたら・・・というボンクラな想像が広がるからそれだけでも楽しい。

真っ白な雪に赤い血が飛び散るというコントラストの効いた映像も印象に残るのだが、欲を言えば高速でカットを割るような流行りの見せ方じゃなくて、こうした情緒のある映像をじっくり見せた方がより恐ろしかったんじゃないかと思う。

それでも俺の前に座ってたオジサンはショック描写がある度に椅子を揺らしてビビリまくってたので十分なのかも知れません。
[PR]
by erenoa70 | 2009-09-02 15:15 | Movie