ブログトップ
「サブウェイ123 激突」を観ましたよ
a0012356_1413363.jpg
トイレの芳香剤くさい新宿オデヲンで「サブウェイ123 激突」を観ましたよ。

モンドな味わいの傑作「サブウェイ・パニック」のリメイクなわけですが、良くも悪くもトニー・スコットのスタイリッシュな映画になってるなーと思いました。加えて、脚本をオトコを描くのに長けているブライアン・ヘルゲランドが担当してるので、その細やかな仕事ぶりが楽しかった。

いつも善人役のD・ワシントンが実は○○してたり、こういう映画だと大抵は邪魔者扱いされる役回りのNY市長が話の分かるイイ奴だったりと、登場人物がステレオタイプに偏ってないのがいい。犯人役のJ・トラボルタはイマイチだけどな。

そんなトラボルタさんが「早くしろ! 10、9、8、7・・・」と脅す場面が何度かあるんだけど、あのカウントダウンってただ数字を逆に数えてるだけなのに何であんなにドキドキするんだろ?止めて欲しいわー
[PR]
by erenoa70 | 2009-09-06 15:05 | Movie