ブログトップ
「マッハ!弐」を観ましたよ
a0012356_2257319.jpg
Macが壊れてる間にトニー・ジャー監督・主演の「マッハ!弐」を観ましたよ。

マッハ!といえば「CGは使いません!」というメッセージ性に溢れた予告編が思い出されるわけですが、今回もその予告編を使いまわしたり、タイトルも「弐」とか言ってみたりする力の抜け具合にも関わらず内容は力入れまくりで超シリアス。

アユタヤ王朝時代を舞台にした王家の悲運というストーリーラインはあるものの、基本的には格闘アクションの乱れ撃ち!いきなり少年vsワニという異次元対決が実現したかと思えば、その後はムエタイにカンフー、剣術、忍術、酔拳に蛇拳とこれでもかと見せつけてくる。肉体的には今がピークであろうトニー・ジャーはその輝きの全てををフィルムに刻み込む。その勢いたるや、「悔いのないように」という目標を掲げた三学期のようだよ。

あってないようなストーリーが最後の最後で足を引っ張ってしまうのがなんだか勿体ないけど、とりあえず生きてるゾウの背中の上で戦うという一風変わった映像はもう二度と観れない気もするからこれだけでも観るんジャー
[PR]
by erenoa70 | 2010-02-02 23:39 | Movie