ブログトップ
カテゴリ:Music( 215 )
清水ミチコ vs 矢野顕子
a0012356_15421076.jpg
NHK教育でやっている「佐野元春のザ・ソングライターズ」は、佐野元春が色んなミュージシャンや作詞家たちと歌の"歌詞"について語るという内容で、最近よく見ているテレビ番組のひとつ。

この前は矢野顕子がゲストで、聴衆である学生達が書いた散文を元にして"歌になり易い言葉"についての講義。番組のクライマックスは電子ピアノを前にした矢野顕子がその散文を簡単に添削するやいなや即興で曲をつけて歌ってみせるというもので、それくらいは出来ると分かっていても、すぐに自分の歌にしてしまう芸にはスゲエと感心するほかなかった。

と、同時に思い出したのはその矢野顕子のモノマネが本人より上手い清水ミチコの事で、なんかの番組で二人は共演してたよなあとか、また別の番組ではユーミンがいかにも使いそうな言葉を並べて、やはり清水ミチコがピアノを弾きながらユーミンのモノマネをしつつ、それを即興で歌いあげてしまうのだから矢野顕子やユーミンを飛び越えて清水ミチコなんかスゲエと感心しました。

その動画が二つともYouTubeにあったので衝動的に貼りたくなった。

■矢野顕子&清水ミチコ ひとつだけ

■清水ミチコ「さよなら媚薬」

ちなみに俺が一番好きなのはデビィ夫人のやつ。
[PR]
by erenoa70 | 2009-09-14 16:27 | Music
WIRE09に行きましたよ
a0012356_21495216.jpg
史上最大の屋内レイヴ(ダセえコピー)、「WIRE09」に行ってきましたよ。

21時頃に入って、まずはジェフ・ミルズの宇宙船からの衛星生中継のDJを拝聴。auがスポンサーだからか、テレ朝の「オンタマ-音魂-」みたいなセットだったけど、誰がなんと言おうとあれは宇宙船です。

卓球はいつもよりサービス精神に溢れたDJ。マイケル・ジャクソンの誕生日ということで「今夜はビート・イット」のサンプリングも。これに合わせた宇川直弘のVJ(マイケルのが雲の上で踊ってる)もいい仕事してました。

ほかも色々楽しんだけどこの日のベストプレイはレン・ファキ!野蛮でポップでちょっとバカな感じがもう最高。メチャクチャ楽しかったので、いま練習中のサイバー・ノリPのモノマネを披露して踊りまくりました。
[PR]
by erenoa70 | 2009-08-30 22:53 | Music
電気グルーヴ「20」を聴きましたよ

電気グルーヴ結成20周年記念アルバム「20」を聴きましたよ。

「エンジのソファー」のチュ チュ チュ チュルッチュ・・・という瀧のハミングが耳から離れずイラッとしますが、全体に20周年を祝うムードが漂っている不気味でめでたいアルバムです。

特典DVDには色んなPVが入ってるんだけど、やはり「ピエール瀧の体操42歳」は素晴らしい仕上がり。動画は少し前に見つけたけど、どうせならDVDで見ようと思ってガマンした甲斐があったというものです。今度は還暦にでもやればいいと思う。
[PR]
by erenoa70 | 2009-08-20 18:15 | Music
電気グルーヴ20周年のうた PV


一風変わった漫画家、天久聖一さんによる「電気グルーヴ20周年のうた」PV。相変わらず気持ち悪くてバツグンの出来映えですが、冒頭に出てくる本屋がウチのすぐ近所だという事に気付いてしまい、どういうわけだか不愉快な気分になりました。
[PR]
by erenoa70 | 2009-08-07 13:18 | Music
心が痛むときでも 壊れそうなときでも
少し古い話題になりますが、低所得者のくせに先月放送されたNHKスペシャル「マネー資本主義」を見てたのはこの俺です。もちろん内容に興味あったんだけど、そのオープニングが凄くよかった。



シャレにならない金融危機に対して笑うしかないってのも皮肉なわけですが、メロディの美しさが儚さを助長させる。このチャップリン「街の灯り」の主題歌でもある「Smile」をアレンジしたのは細野さんで、探してみたらiTunes Storeにあったから速攻で買いました。かなりイイけど切なくなるのが玉にきずだ!

ちなみにこのオープニング映像は電気グルーヴのPVなどを数多く手がけてる田中秀幸さんの仕事。これまた意外な人選でした。
[PR]
by erenoa70 | 2009-08-05 21:19 | Music
ヤンさんは毎日、音楽をやっている
a0012356_20402248.jpg
大好きな音楽家、ヤン富田さんのトーク&ライブイベント「ヤン富田の音楽と宇宙」に行ってきましたよ。

日本科学未来館の主催という事で、司会の方(日本科学未来館のひと)は未来や科学、SFなどの話を振るんだけど、その全てをはぐらかしてスルーするというヤンさんのガチンコぶりにたいへん驚いた。そんな中でも「ポップス」と「ポップ」の違い、「電気音楽」と「電子音楽」の違い、素材と表現方法について等、興味深い話はあったわけです。

とはいえお目当てはミニライブ。通常の演奏も少しあったけど、やはり人の脳波や心拍数の電子信号を音に変換して演奏する"バイオニックミュージック"は生で体感すると機械的でもなく、手弾きでも出せないという変な音で、限りなくシンプルに聴こえるから不思議だ!

まさか日曜の昼間からこんな話や音楽を聴くとは思わなかったけど、冒頭でヤンさんがサラッと言った「ボクは毎日、音楽やってるから」が聴けただけで大きな収穫。面白いなー
[PR]
by erenoa70 | 2009-08-03 22:44 | Music
両津勘吉は不景気


みんな大好き香取慎吾さんの「こちら葛飾区亀有公園前派出所」が始まりましたが、その主題歌がちょっと聞いただけですぐに小西康晴だと分かる仕事で・・・というか「慎吾ママのオハロック」とほぼ同じだったので複雑な気分になりました。加えて「ほんとに近頃 不景気 ほんとに近頃 つまんない」とピチカート・ファイブの「不景気」の歌詞まで使ってたりもする。

職業作曲家としてセルフ・パロディをやるのは理解出来るけど、やはりどこか寂しい気がする・・・という話を、その昔にピチカート・ファイブが好きだった友人としていたのですが、その友人は「香取慎吾の着ている制服がキレイ過ぎるよなあ」と意外な指摘をしていたので、この件はうやむやになりました。
[PR]
by erenoa70 | 2009-08-03 20:38 | Music
"アレ なんかいい風"とかね


昨日は夜風にあたりながら26時間テレビの「さんま・中居の今夜も眠れない」〜「カマ騒ぎ」をゲラゲラ笑って朝まで堪能。昼前にムックリ起き、洗濯機を回してからコンビニまで出かける。

日差しが強いものの、風がすごく気持ちイイので衝動的にこの動画をブログにアップしたくなった。自分の中ではこれを聴いて始めて「夏モード」のスイッチが入るような気がします。嗚呼、日本の夏。
[PR]
by erenoa70 | 2009-07-26 16:48 | Music
ゴリラによく似た人が叫んでるCD-R
■"CD−R" jacta est. Denkigroove @ ebisu liquid room 20090711

人生には後悔がつきものですが、電気グルーヴ20周年記念ライブ「俺っちのイニシエーション」に行けなかったほどの後悔というのはあまり記憶にない。

それはここに「チケット取れなかったよ〜!ウワ〜ン!!(全裸で)」とすら書かなかったレベルで、もし「見てきました〜!すごいよかった!」と自慢するヤツがいたら体当たりして絶交するレベル。

でも会場で配られた(客席にバラまかれたらしい)CD-R音源がYouTubeにアップされてたので少しだけ溜飲が下がりました。ありがとうエロいひと!
[PR]
by erenoa70 | 2009-07-13 15:44 | Music
東京狼少女
a0012356_161899.jpg
「DUB SIREN」にハマってるからというわけでは無いですが、家にあるダブ、特に和製ダブを掘り起こして夜中に聴きまくってます。

その中で和製ダブバンドの元祖、MUTE BEATのメンバーだったDUB MASTER Xがピアニカ前田と組んだユニット、DMX&ピアニカ前田「TOKYO DUB STORY」はやはり名盤。オリジナルトラックは文句無しの出来映えなわけですが、これに歌詞をつけたバージョンの「東京狼少女」が素晴らしいというのをすっかり忘れていた。

嘘ばかりついて男を惑わす女の子の歌なんだけど、これを元フェア・チャイルド&タレントのYOUが歌ってるのがポイント。イメージがピッタリだし、あのか細い声で囁かれると「ダマされてもイイかも・・・」と思ってしまうから危険だ!

オリジナルトラックはYouTubeにありました。CDはあまり手に入らないと思うけど探す価値はあると思うので是非。

Dub Master X & Pianica Maeda - Tokyo Duv Story【YouTube】
[PR]
by erenoa70 | 2009-07-11 16:27 | Music