ブログトップ
カテゴリ:Stupid( 469 )
あけましたおめでとう


本年もよろしくお願い致します。

上京してから始めて正月を家族と過ごしたのでその記念にこれを残します。

ただの年賀状でさえスゲエ面倒くさいのに動画なんてやるんじゃなかったと辟易してますが、後悔してももう遅い。年賀状も、恋も仕事も頑張ります!

よい一年になりますように!
[PR]
by erenoa70 | 2014-01-05 18:01 | Stupid
あけましたおめでとう


今年もよろしくお願いします。

更新は停止してるはずですが、これも上げておかないと色々と不都合があるのでしれっと更新します。

そんな気持ちの弱さと向き合いつつ、生きていく。
[PR]
by erenoa70 | 2013-01-06 23:42 | Stupid
2012年夏期Tシャツ選択会議
a0012356_1604748.jpg
今年の夏にどのTシャツをどう着回すかを決定する会議を行いました(一人で)。

100着以上のTシャツをズラリと並べ、よく着るであろうTシャツから順に一軍、二軍、補欠というカテゴリに仕分けていく。それぞれに思い入れがあり、手に取ったまま選考に思い悩む事も少なくない。

今年入ったばかりのフレッシュな新人もいれば、安定感抜群のレギュラー陣が気を吐く。中には「まだやれる!」とアピールしてくるものの、長年の古傷が響いてリタイアを余儀なくされるものもいる。一方で長らく戦線離脱していたが今年になり復帰を果たす古豪もいて、会議は遅くまで喧々囂々、白熱した有意義なものとなった。

そんなTシャツ達に負けないよう、こちらもシッカリと着こなさなければいけない。Tシャツが男を作り、男がTシャツを輝かせるのだ。

とかなんとかダラダラ書いたけど、これは日本では衣替えとも言います。
[PR]
by erenoa70 | 2012-07-26 17:52 | Stupid
Family Affair
a0012356_1161233.jpg
先週は三日ほど実家に帰ってました。

親戚や近しい関係者と食事会して、両親たち&弟家族と温泉とか行って心おきなくボサーっとしたりして。

しかし数年に一度しか帰省しないフーテンライクな生活を続けていますと、久しぶりに見る我が一族の姿は懐かしくもあり、その変化に戸惑ったりもするわけです。

口うるさかったオバサンは歩くのも大変そうなくらい年老いて、一緒に半ズボンで駆け回ってた奴がガッツリ子供こさえてお父さんになっている。もちろん自分の両親も本格的なジジイとBBAになっているし、そんな事言ってるテメエも立派な中年にスクスク育ちました。

面倒くせえと疎遠にしてたような人も、時が経つと自然にその立場も見え方も変わる。たまにこうして会って酒でも飲む事でそれを確認するのも悪くないなと中年は思いました。

そんな事より今回のハイライトは弟夫婦の長男が三歳になったので念願だった「よし、オッチャンと相撲とろか」がリアルに実現出来たのは実に喜ばしいことです。容赦なく投げ飛ばした後に生意気言うので思いきりフルネルソンホールドを極めて号泣させてやりましたよ。

親戚に一人はいる、面倒でヤバめなおじさんに私はなりたい。
[PR]
by erenoa70 | 2012-06-20 12:25 | Stupid
暮らしのスメル
a0012356_647655.jpg
家にはそれぞれ匂いがある。

二人で住み始めてかれこれ二年以上になるが、以前は恋人の家に行くと彼女独特の匂いがした。おそらく自分の家も自分の匂いがしたのだろう。

しかし同じ家で寝食を共にすれば当然それも変化する。一緒に暮らし始めた当初は二人の匂いがバラバラに分離していたが、しばらくすると気にならなくなっていた。

つい先日、外出先から帰ってきて玄関で靴を脱いでいると、ふと嗅いだことの無い匂いが鼻先に漂ってくる。

もう気にも留めてなかったが、あぁこれが新しい我が家の匂いなのかと感じた。別に意図したわけでもなく出来上がったその新しい匂いは暮らしを共にしているた証のようでもあり、どうも照れくさい気分になった。

そのまま台所へと向かい、冷蔵庫から水を取り出しグッと飲み干す。まだ匂いはする。というかさっきよりも臭う。

今朝捨てようと思っていた生ゴミの匂いだった。
[PR]
by erenoa70 | 2012-05-31 14:33 | Stupid
忍者外伝
a0012356_2344190.jpg
前に「ズボンを脱いだままドーナツ上にしておく」という忍法の話を書きましたが、あれからも日々の修行を重ねこの忍術は進化しています。

先日もまた脱いだままにしておいたら、うちのワイフから「これはまた見事な忍法だな」と言われたので上機嫌になりましたという報告ですキャップ!
[PR]
by erenoa70 | 2012-04-29 01:58 | Stupid
惰眠の季節
a0012356_18211810.jpg
また電話で「寝てた?」と言われ「寝てないよ」と嘘をついてしまった。

たまに考えるのだが、もしここで「ホントに?寝てたんじゃない?」と追求されたら一体どうするんだろうかと思う。

「悪い、ホントは寝てたんだ」と正直に言うだろうか?いやおそらくは「寝てた。マジで寝てた」とまた嘘をつくだろう。

そうするともう後には引けないから、さらなる追求にはさらなる嘘を重ねていくことになる。なぜ寝てないなんて言うのか?というシンプルな疑問は、なぜ起きてると言い張るのか、そもそも本当にお前は起きているのか?という禅問答へと変わっていく。それら全てをその場しのぎの嘘でやり過ごすわけだから、至る所にほころびが出てきて当然だ。

ある朝、私は家族を捨て、友を捨て、仕事を捨て、全く知らない遠くの国へと旅立つ。そこでゼロからやり直すのだ。今度こそ正直に、しようもない嘘などつかず真っ当に生きていくのだ。

しかし、その新しい土地で「寝てた?」と聞かれたら「寝てないよ」と言う自信もある。「ホントに?」と追求されたらさらに嘘で塗り固めていくだろう。そうした素振りの演技も随分と上達してるだろうし、雰囲気に応じて嘘の設定やエピソードを使い分けるテクニックも身につけている。年期が違うのだ、バカにしてもらっては困る。

そんな事を考えてたら眠くなってきたので、もう一度寝た。
[PR]
by erenoa70 | 2012-04-11 19:24 | Stupid
ビンタ日和 〜赤い激突〜
a0012356_238068.jpg
中学三年の一年は人生の中で最も大人に怒られた年だと言える。

放課後に友達と学校に残り何をするでもなく暇を潰すのが好きだった。授業中から今日はどうやって暇を潰そうかと考えるのに忙しく、実際はそこまで暇ではなかった。

他のクラスの黒板に怪文書を描いて回り、部活動に性を出す同級生たちの横でプロレスの練習に勤しむ。学校という限定された場所で、いかにムダに時間を使って楽しむかという事に命を懸けていたと言ってもいい。

その日は「学校中の消化器を集めよう」という事になった。誰が言い出したかは分からない。その理由はもっと分からないが僕らは考えるより先に走り出し、教室や理科室、図書館、用務員さんの部屋から果ては職員室にまでプリントを提出するフリをして忍び込み華麗に消化器を持ち去っていく。

もちろん誰にも見つかってはいけない。制服の脇にそっと消化器を忍ばせ素知らぬ顔で姿勢正しく歩く。その消化器のひんやりとした重さも手伝ってこの秘密活動には使命感すら帯びてきた。

気づけば廊下の片隅に十数本もの消化器がズラリ揃う。しかし誰も喜びの声を上げる者はいない。誰かがそっと消化器に手をかけた。他の皆もそれに続いた。

しだいにそれは真っ赤な扇形を描き、ボウリングのピンとなる。さしずめ廊下は自分たち専用のボウリングレーンである。

誰ともなくボウリングのボウルを投げるマネをしてみせた。もちろん消化器のピンは倒れることは無かったが、どこかでガラガラと崩れる音が聴こえる気がした。

そして思いきり先生たちに怒られビンタを喰らった。まだまだ乾燥する日が続きます。皆様、火事には十分お気をつけ下さい。
[PR]
by erenoa70 | 2012-03-21 23:58 | Stupid
あけましたおめでとう


今年もよろしくお願いします。

年賀状を作りましたのでよければご覧ください。作ってる途中で去年とネタが被ってることに気づきましたが、気づかないフリを突き通しました。

昨年は色々なことがあり、今年は本当の意味で公私ともに状況を大きく変えていかなければいけない。しかし人生も折り返し地点に差しかかり、自分を変えるのも容易ではないという事もよく知っているわけです。

そこで今年はまだやった事の無いことを一つでも多くやっていこうと思います。

まだやった事の無い事と言えば、今のところ重犯罪と性的な意味の事しか浮かばないけどな。

皆様にとって実りあるナイスな一年になりますように!
[PR]
by erenoa70 | 2012-01-02 17:13 | Stupid
我らBloodPack
a0012356_14292837.jpg
先週末はうちのワイフの実家のある福井まで食事会。

身内だけの顔合わせ的な場だったけど、それなりの場所でそれなりの緊張感があり、完全にラフな旅行気分でやって来たうちの両親は「完全に失敗した」という顔をしていました。

かくいう自分達もラフな気持ちでやって来たけど、さすがにこういう場だと否応無しに家庭を持った事を実感させられる。これから社会性やら世間体やら引っ括めて何かが変わってくるのだ。でもこの"否応無し"な感じってそういうものかなあとも思う。「やってやろうじゃねえの」とも思う。

宴は義父がカラオケでテレサ・テンなど歌って和やかに終わったけど、隣に座っていたうちの父親が珍しく周りに気を使っている姿が印象に残った。この人との関係も変わっていくのだろう。

これまで父親のちょっとした言い回しや、母ちゃんに対する態度など、「俺と似てるなあ」と思わされることも多くて スゲー嫌だったけどこれも血筋だと諦めたらスッキリした。今後、都合の悪い事は血筋のせいにします。

翌日は義兄や義姉と昼飯。ここ数年で自分の頭に白髪が目立ってきたという話題になり、きっと坂本龍一みたいになるよ!と慰められた。

そういえばうちのワイフにも「もうロマンスグレーを目指すしかないね」と言われた事がある。俺もそう思う。
[PR]
by erenoa70 | 2011-12-14 17:09 | Stupid