「ほっ」と。キャンペーン
ブログトップ
カテゴリ:Stupid( 469 )
ご報告
a0012356_21261827.jpg
完全に私事ですが、本日付けで恋人さんと入籍致しました。

昔から「結婚は人生の墓場だ」なんて申しまして、あぁそうかもなぁと思わない事もないわけですが、こう見えても墓場はけっこう好きな方なのでそれも良しとします。

今後は二人でこれまで以上に、右肩上がりで楽しくやっていく所存です。

あとさっき入籍した事を母親に電話で報告したら「おw めw でw とw うwww」と爆笑されました。なぜだ。

今後ともよろしくお願い致します。

2011.11.25
[PR]
by erenoa70 | 2011-11-25 21:43 | Stupid
ペル ファボーレは素敵な言葉
a0012356_1717403.jpg
イタリアと言えばアルジェントとフェリーニくらいしか知らないこの俺が、10月23日から11月1日までイタリア旅行に行ってきましたよ。

南イタリアを中心に、アルベロベッロ、マテーラ、ナポリ、ポンペイ遺跡、アマルフィ、カプリ島、そしてローマと回ったけど、どこもスゲー楽しかったです。

中でもマテーラはメル・ギブの拷問映画「パッション」のロケ地にもなった場所であり、古代エルサレムを彷彿とさせる洞窟住居の街並は壮観で感激しました。住めって言われたらイヤだけど。

ポンペイ遺跡もよかった。ここのツアーガイドでは何故か当時の売春宿をやたらとフィーチャーしていて、売春宿までの案内板がチンチンの先で示されているという文明度の高さに感心させられました。このせいなのか、この後に目にする絵画や彫刻などのチンチンが気になって仕方なかったです。

オダルフィとかはしょって、ローマでは主要な名所をほぼ徒歩で廻って観ることに。

やはりバチカンの大聖堂に入るとその厳かな空気に背筋がピンと伸びたりするもので、「俺はやっぱエクソシストになるべき!」と目を輝かせたり、念願のコロッセオで本来なら「ドラゴンへの道」を思い浮かべるはずが「ジャンパー」というダメ映画が真っ先に浮かんだのでもう映画ファン辞めようと思いました。

あまり治安は良くないと聞いてたけど、少し気をつけていたこともあって被害は特に無し。でもスペイン広場で悪名高いミサンガ売りには遭遇してしまい、「ナガトモ、ナガトモ!」と握手を求めてくるオッサンが近づいてきた。

ここで握手やハイタッチをしてしまうと即座にミサンガを巻き付けてきて代金を要求すると聞いていたので、「ノー!」と拒否したけど、そのノーと拒否してる手に向かってミサンガ巻こうとしてたので敵ながらあっぱれ。あと「ユーフェイス、ナガトモ(にそっくり)!」と言ってきたけどサッカー知らなくてナガトモさんの顔が浮かばなかったので助かりました。

そんな事や恋人とのケンカ、ある程度は大丈夫だろうと思ってた英語が全く通用しないなんて事もあったけど、食べ物はどこに入ってももれなく美味しかったし、美人はたくさん見れたし、仕事忘れて二人でゆっくり出来たりでホント楽しかったです!

旅行中に脳内再生しまくったBGM↓
CARMEN VILLANI - IL PROFETA 【YouTube】
[PR]
by erenoa70 | 2011-11-08 18:23 | Stupid
伊太利残酷物語
a0012356_231557.jpg
今日から10日ほど、恋人さんとイタリア旅行へ出かけます。

南イタリアを中心に暴動が熱いローマにも。つうか、俺は海外自体が始めてなのですでに何がなんだか分かってませんがとりあえず楽しんで来ようと思います。

帰ってきたら「あれ〜日本じゃそうなんだ?イタリアではこうだったんだけど〜」等とやたら言う予定です。

そんなわけで更新も来月までしません!でわまた!
[PR]
by erenoa70 | 2011-10-23 02:21 | Stupid
親戚が早い
a0012356_145613100.jpg
ずっと前に友達から聞いた話を思い出したので書きます。

友達が子供のころ、家から3キロくらい離れたところに親戚のオジさんが住んでいて、このオジさんは早い話がヤクザみたいな人だった。

普段は陽気で楽しい人だが、ひとたび怒ると手がつけられなかったらしい。

夏のある日、友達が家でゴロゴロしてアイスを食べていると電話が鳴った。かったるいなーと思いながらも受話器を取るとオジさんが「おう!父ちゃんいるか?」と聞いてくる。

友達はアイス食べてたのを邪魔されたという事もあり「いないよーだ!!」と子供らしくふざけてみせたのだが、返事がないまま電話はガチャン!と切れてしまった。

友達は拍子抜けしながらも受話器を置き、アイスをくわえたままトイレへ向かった。そのままズボンのチャックを下し、オシッコを始めたその時、ダダダッー!と廊下を走ってくるものスゴい音がする!

「なんだ!?」と思った友達のその目に飛び込んできたのは鬼の形相をしたオジさんで、次の瞬間、全力のパンチを顔面にブチこんできた。

アイス&オシッコもろとも吹っ飛ばされた友達は、しばらくトイレの床で突っ伏して動けなかったが、

・なぜ電話を切ってすぐに3キロも離れた場所からオジさんが家まで来れたのか?
・なぜ迷いもせずトイレに一直線で来たのか?
・なぜ殴られたのか?

と考えていたという。いまだに説明がつかないそうだ。
[PR]
by erenoa70 | 2011-10-08 15:00 | Stupid
疑 惑
a0012356_1921468.jpg
これまで生粋の貧乳派として売ってきたこの俺ですが、最近になって

「コイツおっぱいなら何でもいいんじゃないか」

という疑惑を持たれているようです。

それにしてもおっぱいって飽きないですよね。
[PR]
by erenoa70 | 2011-09-08 19:09 | Stupid
おもいでころころ
a0012356_2165710.jpg
としまえんに「トランスフォーマー」を観に行った時、立ち寄りたい場所があったのでちょっと足を運んでみました。

小学校に入る前くらいまでこの辺りに住んでいて、としまえんの中が遊び場だった。今はなきアフリカ館の土人のベンチで友達とアイス食ったりしたのを思い出す。

でも立ち寄りたいのは遊園地じゃなくて、その脇道にあるラーメン屋さん。ごくごく普通の小さなラーメン屋だけど、自分にとっては実に思い出深い場所なわけです。

冬のある日、母ちゃんに連れられその店で味噌ラーメンを食べていたら、店のテレビで映画を紹介する番組が始まった。そこで紹介されてたのは「オーメン(1976年版)」で、よりによってあのガラスを積んだトラックが後退してきてカメラマンの首を思いきりはね飛ばしてしまう名場面が流れていました。

今でこそ名場面と言えるけど、まだ幼く、純粋でとても可愛らしいerenoa少年にはパンチがありすぎた。人間の首と胴体が見事なまでに分断され、その首がガラスの上をころころと転がり宙を舞うという映像は、それが作り物なのか現実なのかも分からず、ただただ唖然として味噌ラーメンをほおばったまま動けなかった。

ただそこで嫌悪感よりは「スッゲー!!!」と感じたこともしっかり覚えていて、思えばこれが人生のターニングポイントだったのかなという気がします。ここであんなものを観なければ今頃もう少しは出世していたはず。

あれから30数年。その小道を進み、見覚えのある店構えに思わず「あった!」と声をあげたものの、それは隣にあった喫茶店のもので、あのラーメン屋はもうありませんでした。

‪The Omen (original) decapitation scene‬‏ 【YouTube】(閲覧注意)
[PR]
by erenoa70 | 2011-08-05 15:45 | Stupid
シンボルはタワー
a0012356_132528.jpg
電車の中で窓の外を見ていた子供が「スカイツリーだ!」と大声をあげた。

それはスカイツリーではなくゴミ処理場の煙突だったけど、なんとも子供らしくて車内は和やかな気持ちになった。

ただその隣にはお父さんがいたので「アハハ、あれはスカイツリーじゃないんだよ」とでも言うだろうと思ってたら「そうだね!」と子供の意見を肯定してみせたのでビックリ驚いた。

でも考えてみたら、そうした子供ならではの発見や質問は注意するよりサラッと受け流した方がイイのだなと気がついた。

それは自分が子供のころ「なんでオレはお母さんから産まれたのによくお父さんに似てる、て言われるの?それなら隣のオジさんに似ててもいいじゃない?」という今考えてみてもかなり際どい質問を、華麗にスルーしてみせた母の背中を思い出したからです。
[PR]
by erenoa70 | 2011-07-29 02:03 | Stupid
夏色飯店
a0012356_16922100.jpg
暑い中で腹も減り、「もう歩き回りたくないな・・・」と路地裏で見つけた古めかしい中華料理屋へ飛び込んでみる。

外からは全く分からなかったが店内はほぼ満席の賑わい。その予想外の光景に驚いていると「こちらどうぞ!」と威勢のいい声に押されてカウンタ-席へ腰掛ける。

手書きのメニューを一瞥し、「麻婆豆腐定食とビール!」と注文。

改めて見渡すと、会社帰りのサラリーマンたちが酒を酌み交わし、若者がラーメンや餃子をがっつく。湯気の立ちこめる厨房では親子と思わしき店員たちが手際よく鍋をふるう。テレビは付いているものの音声は消してあり、代わりにナイター中継のラジオが聞こえてくる。エアコンもあるが、主に風を運んできてくれるのは昭和の扇風機だ。

ほどなくして瓶ビール。冷たいグラスにゆっくりとビールを注ぎ、泡もろとも一気にグッと喉へ流し込む。ウマい。

料理を待つ間、いつもならiPhoneでもいじってる所だが、ここは店の流儀に従ってスポーツ新聞を手に取る。興味のない記事ばかりだが今はこうしているのが正しいような気がする。

夏の暑さから逃れるように入ったこの店。けっして静かでも清潔なわけでも無いが、こうして気兼ねなく過ごせる場所を見つけられたのは良かったと思う。

そこへ「どうぞ!」の声と共に麻婆豆腐。残ったビールを飲み干し、大盛りのゴハンを片手に麻婆豆腐を口へと運ぶ。

そのどこか懐かしい、味わいのある中華屋の麻婆豆腐は、ものすごくマズかった。
[PR]
by erenoa70 | 2011-07-20 16:21 | Stupid
ファンキーなムービー、ファンキーな夜
a0012356_17414936.jpg
もう随分と昔の話ですが、映画のレイトショーを観に行ったら前の座席の人が大きめのキャップを被っていました。

そのキャップのつばの部分がスクリーンに重なっていたのでちょっと気になり「あの、あんま見えなんで帽子取ってもらえますか?」と声をかけたら、その人は何故かしばらく考えてから「・・・すいません」と言ってキャップを外す。

するとキャップの下から、おそらくは天然パーマであろうアフロ級の髪の毛がボワンと飛び出て、さっきよりも全然スクリーンが見えなくなってしまった。

彼がしばらく考え込んでいた理由も分かり、「やっぱいいです」とかもう言いづらいのでそのままアフロ越しに映画を鑑賞することになりました。

たしかあれも凄く暑い夜だったと思う。
[PR]
by erenoa70 | 2011-07-09 18:05 | Stupid
夢は夜ひらく
a0012356_1002425.jpg
近所にキャバクラの寮になってるマンションがあって、陽が落ちるとそこから華やかに着飾ったお姉さん達が出勤するのを見かける。

そして昼間にコンビニに行ったりすると、そのお姉さん達が今度はTシャツ&スウェットにサンダルというラフ出で立ちで昼ごはんとか買ってる。

これが酷いなーという事ではなくて、仕事のONとOFFの切り替えの見事さに関心しているわけです。まぁいきなり家出娘みたいになってたりするからその落差にはビビるけど。

それを見てるとコンビニに行くだけで一つ上のランクのTシャツに着替えたりする自分がとても小さな人間に思えてきました!つーかここまで書いて読み返したけどスゲーどうでもいい話だなこれ!でも書いちゃったからアップしますよドーン!!!
[PR]
by erenoa70 | 2011-06-20 11:49 | Stupid